バンド紹介「ZONE Z」

こんにちは。
ZONE Zのバンマスをしておりますろみです。
今イベントのトリをつとめさせていただきます。


もはや何度目か分かりませんが、何度でも言いましょう。
ZUNTATA30周年本当におめでとうございます!
先日30周年記念アルバムも発表されましたし、ZUNTATA本家様の精力的な供給があるなか、このようなイベントを開催しお祝いできて大変うれしく思います。
ZUNTATAメンバーさんも遊びにいらっしゃるということで気合を入れなおしております。

さてそんななか、今回トリをやるならどんな曲をやろうかとこれはなかなか難しいお題でした。
メンバーから上がった候補曲は最終的にそこまで多くはなりませんでしたが珠玉の選曲ばかりで、そのなかからひとつのステージとして、かつ最後のステージとしてどんな流れを作るか色々考えました。

が、結局「好きな楽曲を自分たちなりに演奏しよう!」という感じでジャンルもとりどりみどり、でも最後はちゃんと締まるようなセットリストになったのではないかと思っています。皆さんに披露するのが楽しみです。

今回実際演奏する楽曲についてすこーしだけ。
そもそもボクがZUNTATAにほれ込んだきっかけにこのCDがあります。
ZUNTATA LIVE
実はiTunesで取り込んだ時にジャケットが93年ライブ盤のジャケになっていて、てっきりそのアルバムと勘違いしていて探すときに混乱したんですが、各楽曲に漢字のサブタイトルが付いているのでこれです。
このアルバムはもう何度も何度も聞いていて、今回の選曲にもこのアルバムを聴いているとドキッとする曲を入れてみました。
また、やはりバンド演奏するアレンジのための参考としてもこのアルバムの影響は大きく受けているといっても過言ではないかもしれません。

他にも「このゲームならこの曲ライブで聞くこと多いけど、こっちの曲もライブで聞いてみたい」という曲や、「おお!この曲やるのか!」という曲まで詰め込んでおります。


最後にメンバー紹介です。
EWI - よはん
Harmonica - キムラ
Keyboad - さば夫
GuitarSynth - ろみ
Bass - あだっち
Drums - ちゃか

EWI(ウインドシンセ)とハーモニカが同じステージにたちます!
珍しい構成だと思いますが、デジタルサウンドとアナログサウンドのリード掛け合いはシンセサウンドと生楽器をミックスする楽曲の多いZUNTATAさんらしい雰囲気に仕上がっているのでは・・・と思っています。
さば夫さんはご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、札幌より今回参加いただきます。
あだっち君は普段キーボードですが、今回ベース(+シンセベース)として参加してくれます。

面白いステージになると思います。
是非当日会場にて見届けていただければと思います。

お楽しみに!そして楽しみ!

おまけのアー写です
IMG_5279.JPG

(ろみ)