バンド紹介「Empanadillas」

どうもこんにちは。民族楽器でゲーム音楽を演奏しよう系グループ、「Empanadillas」のしんざきと申します。皆さんよろしくお願いします。

Empanadillasというのは「えんぱなでぃーじゃす」と読みまして、スペイン語でいうところの餃子のことです。といっても我々がなじんでいるいわゆる中華発の餃子とは若干違う食べ物(興味ある方は「Empanadillas」で画像検索していただければと思います)なのですが、まあおいしいことに変わりはないので問題ないです。「えんぱな」と呼んで下されば幸いです。

さて、ZUNTATA30周年まことにおめでとうございます!!!すばらしい!!

しんざきがいわゆる「ゲームミュージック」というものに目覚めたのも元はといえばZUNTATAサウンドでして、メタルブラックやナイトストライカーの曲を初めて生で聴いたときの衝撃は今でも忘れられません。今回は、あの時感じた衝撃を、形を変えて少しでも皆さんにお伝え出来ればいいなあと思っています。

まずはエンパナのメンバー紹介をさせていただければ。

Empanadillasメンバー

しんざき:ケーナ
ばふぁりん:ケーナ、サンポーニャ
煮込みぃ:二胡
りか:キーボード、篠笛
硅:ボーカル、コーラス
ろみ:ギター
ハゲデブ:ギター
しゃーく:ベース
メイジソ:パーカッション

上記のようなメンバーでお送りさせていただきます。
お気づきかと思いますが、メロディパートの多くに、普段あまり見慣れない楽器の名前が挙がっているかと思います。

ケーナ・サンポーニャは南米・アンデスの民族楽器。
二胡は中国の伝統的な弦楽器。
篠笛は当然日本の伝統的な木管楽器。

まさに和洋中取り揃えた楽器構成となっているわけです。皆様お好みの音色はあるでしょうか?

ZUNTATAサウンドは、勿論テクノありプログレありロックありという感じなのですが、根底にはどこかアコースティックな味わいがあるなあとずっと感じ続けております。今回は、特にそのアコースティックな部分を全面に押し出して、エンパナならではのZUNTATA楽曲演奏をお届けしたいと考えております。

演奏予定曲についてですが、「いかにも」というチョイスから、「そう来るか」というところまで、手広くそろえていると自負しております。「ボーカル」というところから、ボーカルがバリバリに入った曲も演奏させて頂く予定であることはお分かりいただけるかと思います。それに加えて、お魚を狩猟するゲームのかなり新しいところでも演奏をお届けできるのではないかと考えております。

グループ名である餃子のように、どこを噛んでも熱い肉汁が噴出してくるような演奏にご期待ください!

会場で皆さんとお会い出来ることを楽しみにしております!ZUNTATA世界でお目にかかりましょう!